« 2010年3月19日 | トップページ | 2010年3月21日 »

2010年3月20日 (土)

ピンクの原種クリスマスローズ 
Helleborus orientalis ssp. abchasicus

原種クリスマスローズのヘレボルス・オリエンタリス・アブチャシクス(Helleborus orientalis ssp. abchasicus:キンポウゲ科ヘレボルス属)が咲きました。

多くの園芸種の親になっているヘレボルス・オリエンタリスには
 オリエンタリス・オリエンタリス(Helleborus orientalis subsp. orientalis)
 オリエンタリス・グッタタス(Helleborus orientalis Lamarck. subsp. guttatus)
 オリエンタリス・アブチャシクス(Helleborus orientalis subsp. abchasicus)
という3種の亜種(subsp)が知られています。

オリエンタリス・アブチャシクスはオリエンタリス・オリエンタリス(Helleborus orientalis subsp. orientalis)と見た目に違いはないのですが、花の色が緑色から黄色、ピンクなど幅広いようです。紫のスポットが入ることがあります。
主としてピンク系の園芸種の親になっているようですね。

最近グルジアからの独立した西コーカサス、黒海沿岸のアブハジア(Abkhazia)で収集されたのでこの名がついています。グルジアからルーマニアまでの限られた地域の明るい林の中に自生しています。


Habchascus1


Habchascus3


Habchascus2

| | コメント (0)

« 2010年3月19日 | トップページ | 2010年3月21日 »