« 2010年3月27日 | トップページ | 2010年3月29日 »

2010年3月28日 (日)

白のアネモネ・パボニナ 
Anemone pavonina

昨年咲いた白いアネモネ・パボニナ(Anemone pavonina:キンポウゲ科イチリンソウ属)が咲きました。

深紅のパボニナもチャーミングですが、白いパボニナも魅力的です。

学名のパボニナは「孔雀のような」という意味ですが、白いパボニナは白鳥のようです。
園芸種のアネモネ(アネモネ「デ・カーン」や「ポルト」など)の親として使われていますが、園芸種とは花の大きさが違っていて、大きくてもせいぜい 7cmほどです。
葉は芽出し時の葉はツヤがなく、園芸種と違って堅い葉を開きます。

アネモネ・パボニナを始めとして地中海沿岸産のアネモネは塊茎を持ち、夏には地上部が枯れてしまいます。
塊茎を掘り上げて乾燥させますと、植え付ける時に腐らせてしまい失敗することがあります。
ですから鉢で夏を越しをさせた方がいいようです。


Apavonina20


Apavonina21


Apavonina22

| | コメント (2)

« 2010年3月27日 | トップページ | 2010年3月29日 »