« 2010年3月28日 | トップページ | 2010年3月30日 »

2010年3月29日 (月)

チャーミングなヒメウズたち 
Semiaquilegia adoxoides

ヒメウズ(姫烏頭:Semiaquilegia adoxoides:キンポウゲ科ヒメウズ属)は、関東以西の草むらや林縁に普通に見かける多年草です。3月頃から2〜3mmの小さな白い花を咲かせます。

野生のヒメウズには変種、亜種や品種がありません。
しかし私が飼っているヒメウズの中には、些細な違いですが、こんなものがあります。


これはピンクのヒメウズです。
ヒメウズの萼片は白、花弁は黄色をしていますが、このヒメウズは萼片の外側にピンクの筋が入っていて、ピンクの花のように見えます。葉も赤味を帯びています。
ピンク同士をまとめて植えているとだんだんピンクがはっきりしてきました。
もっと花色の濃いものを選別して、園芸品種にして、その品種名に私の名前をつけるとか、学名を Semiaquilegia adoxoides f. rosea としたいものです(冗談です)。


Semiaquilegiaadoxoides5


Semiaquilegiaadoxoides6



これは萼片の先が裂けているヒメウズです。
蕾の時に発見した時は八重のヒメウズだと思ったのですが、開くと萼片がいくつかに分かれているために八重に見えたことが分かりました。


Semiaquilegiaadoxoides7


Semiaquilegiaadoxoides5_2

| | コメント (4)

« 2010年3月28日 | トップページ | 2010年3月30日 »