« 2010年4月2日 | トップページ | 2010年4月4日 »

2010年4月 3日 (土)

黄金色のアネモネ 
Anemone ranunculoides

アネモネ・ラヌンクロイデス(Anemone ranunculoides:キンポウゲ科イチリンソウ属)が咲きました。以前から持っていた花ですが、肥培につとめ今年初めて咲きました。

アネモネ・ラヌンクロイデスはヨーロッパ中央部、地中海沿岸の落葉樹林の林床に自生しています。
小さいアネモネで和名はキバナイチゲと言います。直径1.5cmほどの大きさの鮮やかな黄色の花をつけます。花びらも蕊も同じ黄色なので、写真では花の中央部分がハッキリしません。
下の写真のように可愛い雄しべをしています。

背丈は15cmを越えることはありません。
分布地域が重複するアネモネ・ネモロサ(Anemone nemorosa)と自然交配してアネモネ・リプシエンシス(Anemone × lipsiensis)が生じるそうです。


Aranunculoides1


Aranunculoides3


Aranunculoides2


| | コメント (0)

« 2010年4月2日 | トップページ | 2010年4月4日 »