« 2010年4月19日 | トップページ | 2010年4月21日 »

2010年4月20日 (火)

乱れ咲き、セルリア 
Serruria florida

セルリア・フロリダ(Serruria florida:ヤマモガシ科セルリア属)がご近所の玄関先で咲いていました。

セルリア属は南アフリカの限られた地方、ケープ南西部にしか分布していないそうです。
プロテアに近い種類で、44種が知られているそうです。

セルリア・フロリダはセルリア属の中で最も美しいといわれ、オーストラリアで盛んに改良されています。
大きくなると3mほどになる非耐寒性常緑低木ですが、ケープ南西部に自生しているのなら、陽当たりのいい霜が降りない所であれば露地でも育つのではないかと思います。

葉は羽のように細く、先は尖っています。
花のように見えるのは総苞で、銀白色の毛が生えています。


Serruriaflorida1


Serruriaflorida2


Serruriaflorida3


| | コメント (0)

春のすばらしい葉色 
Quercus aliena 'Lutea' & Alchornea davidii

公園に目を引くゴールドの葉の木が生えていました。
しかし何度もここの前を通ったのですが、そんな木があった記憶がありませんでした。

花の感じからクヌギかコナラと思っていましたが、まさにそうでした。
新葉の時だけこのような黄色い葉になるナラガシワの園芸品種でオウゴンガシワ(黄金柏:Quercus aliena f. monstrosa 'Lutea':ブナ科コナラ属)でした。

ナラガシワは東アジアに分布する落葉樹で、葉の縁に柏のような切り欠きがあります。コナラと区別しにくい葉のようです。しばらくすると普通のコナラのような緑の葉になってしまうそうです。


Quercusaliena1_2


Quercusaliena2



これはオオバベニガシワ(オオバアカメガシワ:大葉紅柏:Alchornea davidii あるいは trewioides:トウダイグサ科オオバベニガシワ属)です。

中国東南原産の落葉低木です。
春の芽吹きの頃にサーモンピンクと言ったらいいのか、赤い葉が出てきます。しばらして気温の上昇に伴ってピンク色に変わっていきます。私的にはピンクの方が好きですが、この輝くような濃いピンクもいいなと思います。
今年は春が寒かったせいか、この濃いピンクの状態が続いています。


Alchorneadavidii3


Alchorneadavidii4

| | コメント (0)

« 2010年4月19日 | トップページ | 2010年4月21日 »