« 2010年5月27日 | トップページ | 2010年5月29日 »

2010年5月28日 (金)

サクランボ型のベリー 
Billardiera cymosa

ビラーディエラ・シモサ(キモサ)(Billardiera cymosa:トベラ科ビラーディエラ属)が今年初めて咲きました。

ビラーディエラ・シモサはオーストラリア・ビクトリア州を中心とするオーストラリア南東部の森林地帯や沿岸部に自生している常緑の木本性蔓植物です。

花は径2cmほどで、がくに近いところはクリーム色、花弁は美しい青紫色です。
葉は厚みのある細長い楕円形で、蔓から直接出ています。巻きヒゲを出すのではなく、巻付きながら伸びていきますので茎同士を絡ませると自立します。

1.5cmほどのサクランボ型の赤い実が稔るので、現地では スイート・アップルベリー(Sweet appleberry) と呼ばれています。この実は生食ができるそうです。
果実が緑のソーセージ型にちらほらと稔り始めています。稔ったらまたお知らせしますね。


Billardieracymosa1


Billardieracymosa3


Billardieracymosa2


Billardieracymosa4

| | コメント (2)

ブルーの葯が美しいアネモネ 
Anemone leveillei

アネモネ・レベイレイ(Anemone leveillei:キンポウゲ科イチリンソウ属)が咲きました。

よく知られているアネモネですが、その割には情報がありません。中国原産と言われていますが広い中国のどの地方に分布するのかわかりません。

3cmほどの大きさで、艶のない純白の花をつけます。
アネモネの葯の色は白、黄色、ブルーがありますが、レベイレイの葯はブルーで、白い花びらをバックに目を引きます。

葯が開いて花粉が出てくるよりも前の花の中心部の様子が、私的には一番美しいと思います。
萼片の裏側が紫色を帯びる個体もあるようです。この株は紫の模様が付いています。

種小名のレベイレイはフランスの植物学者ルブイユ(Augustin Abel Hector Léveillé:1863-1918)に由来します。


Aleveillei1


Aleveillei5


Aleveillei2


Aleveillei3

| | コメント (0)

« 2010年5月27日 | トップページ | 2010年5月29日 »