« オシャレなシロバナマンテマ 
Silene gallica v. gallica
| トップページ | オボロヅキの花 
Graptopetalum paraguayense »

2010年5月 5日 (水)

見事な斑のゴウダソウ 
Lunaria annua v. variegata f. alba

斑入りシロバナゴウダソウ(ルナリア・アンヌア:Lunaria annua v. variegata f. alba:アブラナ科ゴウダソウ属)が咲きました。

この斑入りシロバナゴウダソウ、2006年に咲いた花のタネを2年続けて播いたのですが、いずれも播く時期が遅く、花が咲く前に枯れてしまいました。
そのタネを、3年も前のタネだからまさか発芽しないだろうと思って2009年に播きましたが、見事に発芽しました。ところが花が咲く前に1本を残して枯れてしまいました。
その1本が夏を越して、今年めでたく咲きました。

1年草だと思っていたのですが、夏が涼しければ夏越をするようです。植えた所が日陰だったのが良かったのかもしれません。ただこの辺の野生化しているゴウダソウは果実をつけた後枯れてしまいます。ひょっとすると種子が出来ると寿命が来るのかもしれません。

それにしても恐ろしや、アブラナ科植物は3年も経った種子でも発芽するんですね。

高さは50cmほど。互生する大きな鋸歯縁の心形の葉で白の美しい斑が入ります。私は斑入り植物が好きで多く育てていますが、なかなか出会わない見事な斑です。


Lunariaannua7


Lunariaannua8


若い果実の様子です。団扇のような果実は、まだ2〜3cmで小さいですが、熟すと5〜6cmの大きさになります。

Lunariaannua10


|

« オシャレなシロバナマンテマ 
Silene gallica v. gallica
| トップページ | オボロヅキの花 
Graptopetalum paraguayense »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オシャレなシロバナマンテマ 
Silene gallica v. gallica
| トップページ | オボロヅキの花 
Graptopetalum paraguayense »