« 小さなシンバラリア 
Cymbalaria aequitriloba
| トップページ | 覚えのないイトシャジン 
Campanula rotundifolia »

2010年5月16日 (日)

おもしろい開き方をするノラナ 
Nolana acuminata

ノラナ・アクミナタ(Nolana acuminata:ノラナ科ノラナ属)が咲いています。

ノラナ科はアロナ属と2属で構成される小さなグループで、ノラナ属はチリやペルーの沿岸部に60種ほどが分布し、ナス科に近い仲間です。

ノラナ・アクミナタはチリの海岸部のほとんど砂漠に近い乾燥地帯で、地面を這うように広がっていく種類です。
鐘状で中心部が白いブルーの花を咲かせます。喉部は黄色で、外側に赤褐色の筋が入っています。
花の開き方が独特で、開いたばかりの時は、花弁にその様子を感じさせるたたみじわが残っています。

種小名のアクミナタ(acuminata)は「先が次第に尖った」という意味で、披針形をした葉の様子を示したものでしょうか。


Nolanaacuminate1


Nolanaacuminate4


Nolanaacuminate3

|

« 小さなシンバラリア 
Cymbalaria aequitriloba
| トップページ | 覚えのないイトシャジン 
Campanula rotundifolia »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなシンバラリア 
Cymbalaria aequitriloba
| トップページ | 覚えのないイトシャジン 
Campanula rotundifolia »