« 小さい、本当に小さいワスレナグサ 
Eritrichium nanum
| トップページ | 優しいピンクのレウィシア 
Lewisia nevadensis 'Rosea' »

2010年5月14日 (金)

またパラクィレギアが咲きました 
Paraquleigia microphylla

3月に咲いたパラクィレギア・ミクロフィラ(Paraquilegia microphylla:キンポウゲ科パラクィレギア属)が、2ヶ月後にまた咲きました。

3月の時に比べると、パセリのような開き具合の葉は完全に開き、数も多くなっています。花の大きさも3cmほどで、前より大きいような気がします。

3月に咲いた後、果実が大きくなって、色も灰色になって熟したように見えました。それで収穫しようと思って莢を押さえたら、中は空っぽで単にふくれているだけでした。株に十分な体力がなかったのでしょう。

しばらくしてから、葉をより分けていると、蕾を3つ見つけました。
前が不稔果実だったので、また花をつけたのでしょうか。そうすると花芽はいつでもできることになります。状況に応じて、咲かせないでいた冬場に作った花芽を、再び成熟させるといったことをしているのでしょうか。

しかしパラクィレギアは思ったより簡単に育ちます。


Paraquilegiamicrophylla10


Paraquilegiamicrophylla13


Paraquilegiamicrophylla12

|

« 小さい、本当に小さいワスレナグサ 
Eritrichium nanum
| トップページ | 優しいピンクのレウィシア 
Lewisia nevadensis 'Rosea' »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいですねーー
ミクロフィラ、いいはなです。
簡単でしたか。うーーん、何回か挑戦してますが、いまひとつでした。
肥培が足りないのでしょうか・
用土は酸性主体でしょうか?軽石を入れすぎているのかな。
グランディスは業を煮やして、苗を買ってしまいました・・が、いまだ咲く様子はないです。(笑)

投稿: system | 2010年5月18日 (火) 11時36分

systemさん、こんにちは

このミクロフィラに関していえば簡単でした。
以前は枯らしてばかりでしたので、この草には手を出すまいと思っていたぐらいですから。

用土は日向砂、軽石、鹿沼土の小粒のミックスです。微塵抜きは徹底(1ヶ月ほど日にさらして頻繁に洗ってやる)してやりました。

肥培は秋になってから薄い液肥を5日に1回ほど与えてましたね。

特別なことをしていないので、なにが良かったのか分かりません。

それ故、この夏の夏越しが心配です。

投稿: ptech | 2010年5月18日 (火) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さい、本当に小さいワスレナグサ 
Eritrichium nanum
| トップページ | 優しいピンクのレウィシア 
Lewisia nevadensis 'Rosea' »