« 2010年6月6日 | トップページ | 2010年6月8日 »

2010年6月 7日 (月)

江差のモーズイカ 
Verbascum blattaria f. erubescens or albiflora

エサシソウ(江差草:Verbascum blattaria f. erubescens あるいは Verbascum blattaria f. albiflora:ゴマノハグサ科モウズイカ属)が咲きました。

基本種のベルバスクム(バーバスカム、ウエルバスクム)・ブラッタリアはヨーロッパ、北アフリカに分布する2年草で、黄色い花を咲かせます。
その品種で、ピンクがかった花を咲かせるものが Verbascum blattaria f. erubescens(意味は「紅色を呈する」)、白花を咲かせるものが Verbascum blattaria f. albiflora(「白花の」)ということです。

エサシソウは明治時代に渡来したといわれている帰化植物で、北海道や東北地方に広がっているようです。
帰化が確認された場所の北海道江差地方を冠した名の他に、シロバナモウズイカ(白花毛蕊花)や根生葉の様子からタバコグサ(煙草草)、ニワタバコ(庭煙草)という名があるようです。

草丈50~150cmといわれていますが私の所は1mほどでした。花茎は細い割には丈夫でした。
花茎の下部で枝分かれして数本の花茎を立てます。

写真に写してわかったのですが蕾の先まで、全草に腺毛が生えているんですね。花糸についている毛も腺毛だったんですね。
また茎を折ると乳液が出るのですが、それが黒いコールタール状変わるのも意外でした。


Verbascumblattaria1


Verbascumblattaria2


Verbascumblattaria3

| | コメント (2)

黄色いロベリア 
Monopsis lutea

先日、モノプシス・ウニデンタタ「ロイアル・フラッシュ」(Monopsis unidentata 'Royal Flush')をブログにアップしましたが、今日はモノプシス・ルテア(Monopsis lutea:キキョウ科モノプシス属)を散歩の途中に見つけました。

モノプシス・ウニデンタタを知らなかったらモノプシス・ルテアであることがわからなかったかもしれません。何日もかけてモノプシス・ウニデンタタをネットで探している時に、ネット上で黄色いモノプシスを見かけていたからです。

モノプシス・ルテアは西ケープ州から東ケープ州にかけて自生している多年草で、最近日本に導入されたようです。

まだ気候的に合っていないのか、葉は冬の時期のそれのようで、伸びていませんでした。
ウニデンタタは優しい葉と茎でしたが、ルテアは大きな鋸歯の硬い葉と太い茎で、株の様子が違って見えます。
横張り性が強く、地面を這いながら広がっていくのでグランドカバーに向いています。茎が硬いのでハンギング・バスケット作りにするといいかもしれません。
太陽好きは変わらないようですが、ウニデンタタより湿った土が好きのようですね。

花はマメ科のような形をした花ですが、蕾はなるほどキキョウ科です。
現地ではゴールド・ロベリア(Gold lobelia)とかイエロー・ロベリア(yellow lobelia)と呼ばれているようです。


Monopsislutea1


Monopsislutea2


Monopsislutea3


| | コメント (0)

« 2010年6月6日 | トップページ | 2010年6月8日 »