« 2010年6月9日 | トップページ | 2010年6月11日 »

2010年6月10日 (木)

マドロスパイプのような花 
Aristolochia onoei

毎年探しに行くアリマウマノスズクサ(有馬馬の鈴草:Aristolochia onoei:ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属)が咲いていました。
昨年は株はあったのですが、花を付けていませんでした。ここ何年かは1年おきに花をつけているようです。

ウマノスズクサ属はカンアオイなどと同じ仲間ですが、根茎を持つツル性植物で、独特の形をした花をつけます。
昔は六甲山系にしか生息していないといわれていて、牧野富太郎氏が有馬温泉近くで見つけたので有馬の地名がつきました、が西日本でわりと普通に見かける草らしです。
それで和名から地名が外されてホソバウマノスズクサになっています。

食虫植物のようなマドロスパイプ(ラッパ)状の花は萼で、花弁はありません。
この形は蝿などをしばらく閉じこめ、確実に受粉させ方略をとっているようです。入り口から一番奥に雄しべや雌しべがあります。


Aristolochiaonoei8


Aristolochiaonoei9


Aristolochiaonoei10


| | コメント (0)

« 2010年6月9日 | トップページ | 2010年6月11日 »