« 2010年6月28日 | トップページ | 2010年6月30日 »

2010年6月29日 (火)

半夏生近くのハンゲショウ 
Saururus chinensis

半夏生は夏至から数えて11日目を半夏生といいますが、今年の半夏生は7月2日の金曜日だそうです。

半夏生になるとハンゲショウ(半夏生:サウルルス・シネンシス:Saururus chinensis:ドクダミ科ハンゲショウ属)を思い出して写しに行きました。

半夏生の頃に葉が白くなるので「ハンゲショウ」と名付けられたといわれています。例年半夏生を待たずにブログにアップしていますが、半夏生近くまで待つと、本当に葉が白くなりますね。

ハンゲショウの仲間はアジアに分布するこのシネンシスと、北米に分布し、葉が白くならないサウルルス・セルヌウス(Saururus cernuus)の2種が知られています。

いずれも花は長さ10~15cmのクリーム色の花序を茎の先につけます。花序の近い所につく葉が白く染まります。
ドクダミでいえば花びらのように見える白い苞葉に当たるもので、ドクダミの祖先と考えられています。


Saururuschinensis5


Saururuschinesis6


Saururuschinesis7

| | コメント (0)

« 2010年6月28日 | トップページ | 2010年6月30日 »