« クリーブランドさんのセージ 
Salvia clevelandii
| トップページ | 背の高い忘れな草 
Hackelia floribunda »

2010年6月19日 (土)

チョー長い距のオダマキ 
Aquilegia longissima

アクイレギア・ロンギッシマ(Aquilegia longissima:キンポウゲ科オダマキ属)が咲きました。

一昨年に咲き、昨年は咲かなかった個体だと思いますが、一昨年より大輪になって咲きました。
その長い距に因んでつけられた種小名のロンギッシマ(longissima:「最も長い」という意味)ですが、一昨年は背丈が15cmほど、距も長さ5cmを越える程度しかありませんでした。

ところが今年は背丈こそ30〜40cmと低いのですが、距は優に15cmはあります。

アクイレギア・ロンギッシマは、メキシコ北部からテキサス西部に分布しています。この一帯は岩場の乾燥地帯ですが、そのような所ではなく、リオ・グランデ川(この川の南半分はメキシコです)の渓谷や河川に沿って生息し、湿っている土を好むようです。

他のオダマキはシャキッと距を延ばしていますが、ロンギッシマはその長さ故か、ヘナヘナに曲がって垂れています。この様子が何とも言えず、ゴールドのイブニングドレスを着た女性のイメージが湧いてきます。

それにしてもこんなに長い距、どんな虫が蜜を吸いに来るのでしょうね。


Alongissima4


Alongissima5


Alongissima6


Alongissima7

|

« クリーブランドさんのセージ 
Salvia clevelandii
| トップページ | 背の高い忘れな草 
Hackelia floribunda »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
ヒメノキシスをググってお邪魔しました。
ヒメノキシスについてもとても詳しく書かれていてわかり易かったデス。

↑↑ステキなオダ マキさんですね。
自分では密かに距のことをツノと呼んでいたのですが、正しい名前を覚えることができました(^-^;
こんな印象的な姿に出会ったら、即お持ち帰りしそうですが、見かけたことがありません。
ptechさんの身近では、よく見かけますか?

投稿: たま庭 | 2010年6月20日 (日) 21時21分

たま庭さん、こんばんは

ツノの長〜いオダマキはタネからです。
花屋さんで売られているオダマキは種類が限られていますので、海外のタネ屋さんから買ってタネ蒔きしています。

珍しいオダマキは右側のカテゴリーをクリックすれば見ることができます。

またお越し下さい。

投稿: ptech | 2010年6月20日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーブランドさんのセージ 
Salvia clevelandii
| トップページ | 背の高い忘れな草 
Hackelia floribunda »