« 翡翠色のイキシア 
Ixia viridiflora
| トップページ | 棘のあるアカンサス 
Acanthus spinosus »

2010年6月17日 (木)

ちいさいホタルブクロ 
Campanula punctata v. kurokawae

イシダテホタルブクロ(Campanula punctata v. kurokawae:キキョウ科ホタルブクロ属) が咲きました。

四国の高知県と徳島県の県境にある標高1707mの石立山の石灰岩地に自生しているホタルブクロの変種です。

背丈は15cmほどで、背丈の割には3〜4cmほどの大きな花が咲きます。花はホタルブクロより厚みがあり、表面に艶があります。外から見ると薄いピンクですが、花弁の中側は濃いマゼンタの斑点がついていて、種小名のプンクタタ(斑点のある)の通りです。

ホタルブクロと同様に萼の一部が反転しています。しかしホタルブクロとは葉の形や質感(厚みがある)が違い、全草に紫の色素を持っているようです。


Campanulakurokawae1


Campanulakurokawae2


Campanulakurokawae3


Campanulakurokawae4

|

« 翡翠色のイキシア 
Ixia viridiflora
| トップページ | 棘のあるアカンサス 
Acanthus spinosus »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翡翠色のイキシア 
Ixia viridiflora
| トップページ | 棘のあるアカンサス 
Acanthus spinosus »