« 細長い葉のリンドウ 
Gentiana gracilipes
| トップページ | 半夏生近くのハンゲショウ 
Saururus chinensis »

2010年6月28日 (月)

優雅という名のクレマチス 
Clematis florida v. plena 'Vienetta'

ご近所のフェンスにクレマチス・ビエネッタ(Clematis florida v. plena 'Vienetta')が咲いていました。

クレマチス・ビエネッタはもともと中国広東省や広西省などに自生するテッセン(Clematis florida)が親で、雄しべが花びらのように花弁化した突然変異品種です。

この雄しべの花弁化した花びらのグリーンがかった紫と、外側のクリーム色の萼とのコントラストが絶妙です。外側の萼は早く落ちてしまって、真ん中の弁化した雄しべがボール状になって長い期間残ります。
ビエネッタとはヘブライ語で「優雅な(graceful)」という意味だそうで、言い得て妙という感じです。

なおテッセンは日本古来のクレマチスのように思われていますが、桃山時代に日本に渡来したといわれています。いぜんはアネモネ属に分類されていたこともありアネモネ・ヤポニカ(Anemone japonica)という異学名を持っています。


Clematisvienetta1


Clematisvienetta2

|

« 細長い葉のリンドウ 
Gentiana gracilipes
| トップページ | 半夏生近くのハンゲショウ 
Saururus chinensis »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 細長い葉のリンドウ 
Gentiana gracilipes
| トップページ | 半夏生近くのハンゲショウ 
Saururus chinensis »