« 黄色いロベリア 
Monopsis lutea
| トップページ | 白いブローディア 
Triteleia hyacinthina »

2010年6月 7日 (月)

江差のモーズイカ 
Verbascum blattaria f. erubescens or albiflora

エサシソウ(江差草:Verbascum blattaria f. erubescens あるいは Verbascum blattaria f. albiflora:ゴマノハグサ科モウズイカ属)が咲きました。

基本種のベルバスクム(バーバスカム、ウエルバスクム)・ブラッタリアはヨーロッパ、北アフリカに分布する2年草で、黄色い花を咲かせます。
その品種で、ピンクがかった花を咲かせるものが Verbascum blattaria f. erubescens(意味は「紅色を呈する」)、白花を咲かせるものが Verbascum blattaria f. albiflora(「白花の」)ということです。

エサシソウは明治時代に渡来したといわれている帰化植物で、北海道や東北地方に広がっているようです。
帰化が確認された場所の北海道江差地方を冠した名の他に、シロバナモウズイカ(白花毛蕊花)や根生葉の様子からタバコグサ(煙草草)、ニワタバコ(庭煙草)という名があるようです。

草丈50~150cmといわれていますが私の所は1mほどでした。花茎は細い割には丈夫でした。
花茎の下部で枝分かれして数本の花茎を立てます。

写真に写してわかったのですが蕾の先まで、全草に腺毛が生えているんですね。花糸についている毛も腺毛だったんですね。
また茎を折ると乳液が出るのですが、それが黒いコールタール状変わるのも意外でした。


Verbascumblattaria1


Verbascumblattaria2


Verbascumblattaria3

|

« 黄色いロベリア 
Monopsis lutea
| トップページ | 白いブローディア 
Triteleia hyacinthina »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

おはようございますhappy01
入梅間近のこの頃です
モウズイカって面白い名前だと以前から
思ってましたが 漢字を見ると納得です
バーバスカムは 好きで以前育ててましたが 種類が多いんですね
こんなに間近で観ると 一段と魅力的に見えますね~lovely 

投稿: ミコメラス | 2010年6月 8日 (火) 09時17分

ミコメラスさん、こんにちはsun

私もモウズイカと最初に聞いた時には烏賊の種類と思いましたが、漢字を見て、花を見て納得しました。

モウズイカの花は好きなんですが、背が高いので倒れてしまうのが玉に瑕。
でもこの江差草はなかなか折れません。だから楽しめます。

投稿: ptech | 2010年6月 8日 (火) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄色いロベリア 
Monopsis lutea
| トップページ | 白いブローディア 
Triteleia hyacinthina »