« 2010年7月27日 | トップページ | 2010年7月31日 »

2010年7月28日 (水)

水のないところにミズカンナ 
Thalia dealbata

水のないところにミズカンナ(タリア・デアルバタ:Thalia dealbata:クズウコン科タリア属)が咲いていました。

ミズカンナは北アメリカ南部に分布しています。葉がカンナに似ていて現地で ウオータ・カンナ(Water canna)と呼ばれています。和名はそれを訳してミズカンナです。

湿地や沼沢地に生える常緑多年草ですが、日本では冬に地上部が枯れてしまいます。
水のある所では背丈は2mを越えるものもあるようですが、水のないここでは1mほどです。

穂状花序をだし、茎を挟んで2つ同時に花を開きます。花弁は3枚あり、合体しています。白っぽい萼に包まれていて、紫の花と白緑色の萼の組み合わせは涼しげです。

種小名のデアルバタ(dealbata)は「漂白された」という意味で、萼の特徴をあらわしているようです。

種をとって水のあるところに蒔いてやろうともくろんでいるのですが、種子が稔りません。


Thaliadealbata1


Thaliadealbata2


Thaliadealbata3


Thaliadealbata4


| | コメント (0)

« 2010年7月27日 | トップページ | 2010年7月31日 »