« オレンジのエキナセア 
Echinacea cv 'Sundown'
| トップページ | 梅雨のアメリカデイゴ 
Erythrina crista-galli »

2010年7月 3日 (土)

ヒマラヤ甘茶 
Hydrangea aspera ssp. sargentiana

昨年は咲かなかったヒドランゲア(ハイドランジア)・アスペラ・サージェンティアナ(Hydrangea aspera ssp. sargentiana:ユキノシタ科アジサイ属)が咲きました。

ヒドランゲア・アスペラはヒマラヤから中国雲南省、台湾やインドネシアにも分布するアジサイです。
その変種のサージェンティアナは中国中部に分布しています。
和名はヒマラヤアマチャと付けられていますが、甘茶とは様相を異にします。

日本のアジサイのような無毛で艶のある葉ではなく、裏面には薄茶色の毛が生えていてざらざらしています。

タマアジサイ(Hydrangea involucrata)に似ていますが、花の真ん中の両性花の萼(苞葉)が小さい点が異なります。これにも薄茶色の毛が生えています。

種小名のアスペラ(aspera)は「粗面な、ざらざらした」という意味で、亜種名のサージェンティアナ(sargentiana)は米国のサージェント(Sargent, C. S.:1841-1927)さんに因みます。

野趣溢れるアジサイです。


Hydrangeaaspera4


Hydrangeaaspera6


Hydrangeaaspera5


|

« オレンジのエキナセア 
Echinacea cv 'Sundown'
| トップページ | 梅雨のアメリカデイゴ 
Erythrina crista-galli »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オレンジのエキナセア 
Echinacea cv 'Sundown'
| トップページ | 梅雨のアメリカデイゴ 
Erythrina crista-galli »