« 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月2日 »

2010年8月 1日 (日)

涼しげな水玉草 
Circaea mollis

山の日陰になっている所にミズタマソウ(水玉草:シルサエア・モリス:Circaea mollis:アカバナ科ミズタマソウ属)が咲いていました。

中国から日本全土に分布する植物で、50cmほどの背丈です。
茎の先に総状花序を出して、3mmほどの小さな花を咲かせます。
緑の大きな萼片が開くと、白い花弁が開きます。花弁は2枚ですが、2裂しているので4枚あるように見えます。
花から雄しべが2本と雌しべ1本が飛び出しています。

花の付け根にはすこし膨らんだ子房があり、そこに白い鉤毛が密生しています。
花後子房がさらに膨らむにつれ花柄(果柄)は下を向き、ほぼ球形の果実が稔ります。

子房の白い毛が水玉のように見えるのでこの涼しげな名があります。
種小名(mollis)は「軟毛のある」という意味で、この特徴を示しているのでしょう。


Circaeamollis1


Circaeamollis2


Circaeamollis3

| | コメント (0)

« 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月2日 »