« 2010年8月22日 | トップページ | 2010年8月24日 »

2010年8月23日 (月)

これがキツネ色? 
Lycoris sanguinea

ハイキングコースのかんかん照りの草地にキツネノカミソリ(狐の剃刀: Lycoris sanguinea:ヒガンバナ科ヒガンバナ属)が咲いていました。

キツネノカミソリは日本の北海道以南、琉球諸島以北、朝鮮半島に分布し、林縁や明るい林の中に咲いています。

ヒガンバナと同じように夏になってから花茎を伸ばし、このように花茎の先でいくつかの花を咲かせます。
ヒガンバナと違うのは、春に葉を出し、暑くなると葉が枯れてしまって地上には何も無くなってしまうことです。春に葉を出し、暑い夏の間は休眠し、秋に花を咲かせる植物にツルボ(Scolla scilloides)がありますが、ツルボは夏眠後にまず葉を出してから花茎をあげていきます。

種小名サングイネアは「血のように赤い」という意味で、花の色を指しています。キツネノカミソリという名も狐の体色を花の色から連想したもののようですが、こんなオレンジ色の狐っているんでしょうか。
タマネギを炒める時に、きつね色になるまでとよく言います。私は焦げ茶色になるまで炒めてましたが、ひょっとするとあれは炒め過ぎ?


Lycorissanguinea3_2


Lycorissanguinea5


Lycorissanguinea4

| | コメント (0)

« 2010年8月22日 | トップページ | 2010年8月24日 »