« 2010年8月28日 | トップページ | 2010年8月30日 »

2010年8月29日 (日)

クサギ、臭くないと思うんですが 
Clerodendrum trichotomum

近所にクサギ(臭木:Clerodendrum trichotomum:クマツヅラ科クサギ属)が咲いていました。

クサギは日本全土、台湾・中国・朝鮮に分布する落葉低木で、あちらこちらで見かけます。しかしいざ写真に撮ろうと思って探すとないものです。庭木ではないものですから、すぐに切り倒されてしまうようです。

葉をもむと独特の匂いがしますが、私の感覚では、セロリや香菜(コリアンダー)、ドクダミやゼラニュームの方がずっと臭いと思います。フレグランスの香りを臭いと表現する方もいますから、人それぞれの思いがあるのでしょう。

たぶん昔の人の感覚からすると、クサギの匂いはどこにでもある匂いではないので、臭いと表現したのでしょう。クサギに関するどのサイトを見ても「臭い」と表現されていますが、私には理解できません。

萼の色はこのようなクリーム色と赤紫色の濃いものがありますが、クリーム色の方が涼しげです。

種小名は「三分岐した、三つ叉の」という意味です。花3つずつかたまって集散花序につくからでしょうか。


Clerodendrontrichotomum10


Clerodendrontrichotomum11_2


| | コメント (0)

« 2010年8月28日 | トップページ | 2010年8月30日 »