« 2010年9月5日 | トップページ | 2010年9月7日 »

2010年9月 6日 (月)

黄と紫のトレニア 
Torenia baillonii

公園の花壇にトレニア・ベロニー「スージーウォン」(Torenia baillonii 'Susie Wong':ゴマノハグサ科:トレニア属)が咲いていました。  

トレニア属は熱帯アジアからアフリカに30種ほどが分布すると言われています。日本にも奄美大島から沖縄にツルウリクサが分布しています。

トレニア・ベロニーは中国南部、インドシナ原産の非耐寒性多年草で、園芸的には一年草の扱いです。
原種のトレニア・ベロニーの詳細はまるで分からないのですが、園芸種の「スージーウォン」ははっきりとした黄色と濃い紫に咲分ける、これまでにないトレニアです。
這い性が強く、背丈20cmほどで広がっていきます。暑さには強いですが、湿った用土を好み、乾燥には弱いようです。

種小名はフランス人の医者で植物学者のアンリ・アーネスト・ベロン(Henri Ernest Baillon:1827-1895)に因みます。したがって種小名はフランス語的な読み方に従って「ベロニー」になります。
トレニア・フラバ(Torenia flava)という異学名でも知られています。なお「フラバ」は黄色のという意味です。


Toreniabaillonii1


Toreniabaillonii3


Toreniabaillonii2


| | コメント (0)

« 2010年9月5日 | トップページ | 2010年9月7日 »