« 2010年9月8日 | トップページ | 2010年9月10日 »

2010年9月 9日 (木)

ピンクのハマユウ 
Crinum x powellii

8月半ばに散歩の途中で見かけたのですが、枯れかけていたので写真に収めませんでした。9月に入って別の株から咲き出したのでラッキーと写真に写しました。

太い花茎が上がって先端から放射状につくのはヒガンバナ科に多いのですが、地際の茎の様子から考えられるのはクリヌム「パウエリー」(Crinum x powellii:ヒガンバナ科クリヌム属)だと思っています。
緑の葉の下の木のような色の部分が茎ですが、これが大きく目立つのがクリヌム属の特徴だからです。

1870年頃に英国の育種家パウエル(Powell, C. B.)が、共に南アフリカ原産のクリヌム・ブルビスペルムム(Crinum bulbispermum)とクリヌム・ムーレイ(Crinum moorei)を交配させて作出した植物です。

耐寒性があり、庭植えでも越冬出来ます。


Crinumpowellii1


Crinumpowellii2


Crinumpowellii3_2


| | コメント (3)

« 2010年9月8日 | トップページ | 2010年9月10日 »