« 2010年9月14日 | トップページ | 2010年9月16日 »

2010年9月15日 (水)

テキサスのセージ 
Leucophyllum frutescens

ご近所でレウコフィルム・フルテスセンス( Leucophyllum frutescens:ゴマノハグサ科レウコフィルム属)が咲いていました。

レウコフィルム属は米国南東部からメキシコに約12種が知られており、紫から藤色の目を引く花をつける耐寒性のある常緑低木です。
レウコフィルム・フルテスセンスはメキシコ・チワワ砂漠を中心としたテキサス州からメキシコ北部の乾燥地に分布しています。

現地ではテキサスセージ(Texas sage)やテキサスレンジャー(Texas ranger)と呼ばれています。また外見からパープルセージ(purple sage)やシルバーリーフ(silverleaf)と言う名もあります。メキシコでは葉色からセニーソ(Cenizo:日本でいう所のシロザ)と言うそうです。

種小名のフルテスセンスは「低木状の」という意味で、そこから想像できるように、背丈は2mまでのようです。葉は柔らかく厚みがあり、葉裏には微毛が生えていて銀白色に見えます。葉が巻き込む傾向があり、表裏でいいコントラストになっています。

花の喉部にはジギタリスのような黄色い模様が入り、さらに白い毛が生えています。花弁の表面には花弁と同色の剛毛っぽい短毛が生えています。

日本では赤紫の花色しか流通していませんが、白や青紫の花色もあるようですね。


Leucophyllumfrutescens1


Leucophyllumfrutescens2


Leucophyllumfrutescens3

| | コメント (0)

« 2010年9月14日 | トップページ | 2010年9月16日 »