« 2010年9月17日 | トップページ | 2010年9月19日 »

2010年9月18日 (土)

金のトラノオ 
Galphimia glauca

ご近所にキントラノオ(金虎の尾:ガルフィミア・グラウカ:Galphimia glauca:キントラノオ科ガルフィミア属)が咲いていました 。

ガルフィミア属は北米テキサスからブラジルにかけて約15種が分布しています。

キントラノオはメキシコからパナマやグアテマラにかけての中央アメリカに分布する熱帯性の低木で、現地では背丈はせいぜい2mほどです。

2cmほどの黄色い花が総状花序状に花を咲かせるので、金色のトラノオ(虎の尾)という名がついているようです。
花弁は5枚で、花糸が赤銅色の雄しべが10個、雌しべは3本あります。

この辺では露地で越冬しますが、葉が痛み、大きく育つことはないようです。この鉢の花も何年か前からありますが、大きくなっていません。鉢植えで育てるには好ましいことかも知れませんが。

種小名(glauca)は「灰色がかった緑色の」という意味で、キントラノオの葉色が特別な色とは思いませんが、ガルフィミア属の中では特徴なんでしょうね。


Galphimia_glauca1


Galphimia_glauca2

| | コメント (0)

« 2010年9月17日 | トップページ | 2010年9月19日 »