« 2010年9月25日 | トップページ | 2010年9月27日 »

2010年9月26日 (日)

黄色いチューリップのような 
Zephyranthes citrina

ゼフィランサス・シトリナ(Zephyranthes citrina:ヒガンバナ科ゼフィランテス属)が、道路際のコンクリートとアスファルトの隙間から沢山咲いていました。

ゼフィランサス・シトリナは中米ガイアナやカリブ海トリニダード島に分布する球根植物で、春から秋にかけて長期にわたって花をつけます。
昨年までは花披片に赤い色(条斑)が入ったりしていたのですが、初秋の時期は濃いレモン色一色です。
ほとんどが咲いたばかりで、柱頭は3つに分かれていますが、葯が広がっていません。花披が開ききっていないものも多く、まるで黄色い原種チューリップのようでした。

3年前に始めて見つけた時は2輪だけでしたが、沢山に増えたもんです。完全に野生化しています。
タマスダレ(Zephyranthes candida)はタネができませんが、シトリナは容易に結実し、容易に発芽するからでしょうね。


Zephyranthuscitrina8


Zephyranthuscitrina10


Zephyranthuscitrina9


| | コメント (0)

« 2010年9月25日 | トップページ | 2010年9月27日 »