« 2010年9月27日 | トップページ | 2010年9月29日 »

2010年9月28日 (火)

人目を憚るホソバウンラン
Linaria vulgaris

野生のホソバウンラン(細葉海蘭:リナリア・ブルガリス:Linaria vulgaris:ゴマノハグサ科ウンラン属)が人目につかない石垣の上に咲いていました。

この近所にはホソバウンランが帰化しているようですが、石垣の上や中央分離帯などでしか見られず、人目につく歩道の植え込みなどには咲いていません。人の手から離れたところで育つ不思議な植物です。

北海道で見たのは原っぱを更地にした花壇予定地に咲いていましたので、パイオニア植物(更地に真っ先に生えてくる植物)なんでしょうね。一旦人手の入ったところには育たないのかもしれません。
従ってネットで流通している「ワイルドフラワーによる法面緑化などに使用された結果」という説明には疑問を抱きます。緑化以前から咲いていたと考えられるからです。

ホソバウンランはヨーロッパや北アジア原産で、大正の初めの頃に観賞用として日本に入ってきたそうです。なお種小名のブルガリスはヨーロッパでは「普通の」という意味です。
英名は並、あるいはイエロートードフラックス(Common or Yellow Toadflax:ヒキガエルの亜麻)ですが、カナダではバター・アンド・エッグ(Butter-and-eggs)と呼ばれ、花の色がポイントになっています。


Linariavulgaris4


Linariavulgaris5


Linariavulgaris6


| | コメント (0)

« 2010年9月27日 | トップページ | 2010年9月29日 »