« 2010年10月13日 | トップページ | 2010年10月15日 »

2010年10月14日 (木)

米粒ほどの紫の花 
Liriope platyphylla cv. variegata

歩道の植え込みにフイリヤブラン(藪蘭:リリオペ・プラティフイラ: Liriope platyphylla cv. variegata:ユリ科ヤブラン属)が咲いていました。

ヤブラン属は東アジアに数種が分布していて、日本には3種が自生しています。
ジャノヒゲ属とは(色々違いはありますが)種子の色(ヤブランは黒色、ジャノヒゲは碧色)で区別できます。

ヤブランは自然状態では樹林の陰に生えていますので、園芸的にも日陰に植えられていることが多く、写真に収める時小さい花をきれいに写すのは技術がいります。しかしこれは日向に植えられていたのでばっちり写すことができましたhappy01

ヤブランは関東以西の日本を含む東アジアに分布しています。その園芸種のフイリヤブランは葉が心持ち広く、美しい縞を見せてくれます。

秋に30cmほどの花茎を立ち上げ、紫色の小さな花を多数つけます。花弁はユリ科の花だけあって6枚の花披片を持ち、短く太い花糸の先に黄色い葯が目立ちます。

プラティフイラという種小名は「幅広の葉の」という意味ですが、ムスカリのような花の付き方を意味する異学名(Liriope muscari)を持っています。


Liriopemuscari3


Liriopemuscari6


Liriopemuscari5


| | コメント (1)

« 2010年10月13日 | トップページ | 2010年10月15日 »