« 2010年10月17日 | トップページ | 2010年10月19日 »

2010年10月18日 (月)

山でヤマホトトギス 
Tricyrtis macropoda

山でヤマホトトギス(山杜鵑:トリシルティス・マクロポダ:Tricyrtis macropoda:ユリ科ホトトギス属)を見つけました。

関東から西の、主に太平洋側の山地や丘陵の明るい林床に分布しています。草丈は50cmほどで、茎の先や上部の葉腋にいくつかの蕾を散房花序に付けます。
花はホトトギスに比べると小さく、花の形も花被片が反り返り、独特の形をしています。花被片には白地に紫の斑点がありますが、花被片の付け根には黄色の斑紋はありません。

葉の油滴模様ははっきりしており、出たての時には無毛の葉は、しばらくすると両面とも短毛が目立ってきます。また茎の毛は下向きに生えています。

種小名のマクロポダは「長い柄の、太い軸の」という意味です。葉腋から伸びる花柄が長いという特徴を指しているものと思います。

ホトトギスというと秋の花のイメージですが、30年ほど前、7月初めの梅雨の晴れ間に、南阿蘇の明るい林の中で咲いているのに出会ったことがあります。驚きでした。


Tricyrtismacropoda1


Tricyrtismacropoda2


Tricyrtismacropoda3


| | コメント (0)

« 2010年10月17日 | トップページ | 2010年10月19日 »