« 2010年10月22日 | トップページ | 2010年10月24日 »

2010年10月23日 (土)

山のブラシの花 
Cimicifuga japonica

山にイヌショウマ(犬升麻:Cimicifuga japonica:キンポウゲ科サラシナショウマ属)が咲いていました。

イヌショウマは山地や丘陵などの林陰に生える多年草です。
茎の先端に長さ約30cmほどの穂状花序を出し、小さな白い花をたくさんつけます。
花といっても、キンポウゲ科植物の常で花弁はなく、蕾の時ピンクに色づく萼も開花後すぐに脱落してしまいます。1〜2本の雌しべと多数の雄しべだけが残り、4mmほどのボール状に開きます。それが密集して開くので白い試験管ブラシのように見えます。

こんなに可愛いのにイヌとつくのが不思議です。本家の升麻(サラシナショウマ:晒菜升麻)は春先若葉を水で晒し、茹でて食べるので、別名野菜升麻とも呼ばれますが、イヌショウマは食べられないので、役に立たないという意味の犬がついたようです。
ネットではイヌショウマは薬効がないと言われていますが、サラシナショウマは中国に分布し漢方薬に用いられますが、イヌショウマは主に日本に分布していますので、漢方の生薬として名前が上がらないだけではないかと思います。たぶん薬効はあるはずです。

なおサラシナショウマ属の英名はBugbaneで、「虫殺し」という意味です。学名のシミシフラガもナンキン虫(cimix)と逃げる(fugere)の造語からできていて、サラシナショウマ属の一つが虫を寄せ付けないという特徴に因みます。


Cimicifugajaponica1


Cimicifugajaponica2


Cimicifugajaponica3


| | コメント (0)

« 2010年10月22日 | トップページ | 2010年10月24日 »