« 2010年10月26日 | トップページ | 2010年10月29日 »

2010年10月28日 (木)

直立するソラマメ 
Vicia unijuga

山にナンテンハギ (南天萩:Vicia unijuga:マメ科ソラマメ属)が咲いていました。

山地、丘陵地の林縁に生え、高さ30~60cmで直立し、巻きひげはありません。ソラマメの仲間なのに萩とつくのは、全体の様子が木のようだからでしょうね。

2枚が一対になって互生する小葉は、革質で艶があり、南天の葉のようです。
南天のような葉にポイントを置くとナンテンハギと呼ばれ、2枚ペアになった葉にポイントを置くとフタバハギ(二葉萩)と呼ばれます。
種小名ウニユガは「一対の」という意味で、フタバハギと同じ観点のようです。
属名ビシアは「巻き付く」という意味のラテン語 vincire が語源と言われています。

花は紅紫色で、多数の花が総状に集まって咲くので、花の時期が過ぎているとは言え、花にばかり目がいってしまいました。


Viciaunijuga1


Viciaunijuga2_2

| | コメント (0)

« 2010年10月26日 | トップページ | 2010年10月29日 »