« 2010年11月19日 | トップページ | 2010年11月23日 »

2010年11月22日 (月)

立ち上がるオキザリス 
Oxalis hirta

オキザリス・ヒルタ(Oxalis hirta:カタバミ科カタバミ属)が咲いています。

オキザリス・ヒルタは南アフリカのケープ地方西南部に自生している球根オキザリスです。

キダチハナカタバミ(木立花片喰)という和名を持っており、柔らかい茎ながらかたまって伸びるので、まっすぐ30cmを越えるほどの高さになります。
かたまるほどたくさんの茎がないときには、茎は匍匐して、立ち上がりません。

倒卵形(先の方が広くなる卵形)の葉は葉柄が短く、3枚の葉が直接茎から出ています。葉の脇から花柄が伸びて、花を1輪つけます。

花は花弁の先が尖り、花色は濃紅色ピンク色、白色、クリーム色がありますが、流通しているのはこの濃紅色の種類です。

種小名ヒルタは「短毛のある」という意味で、葉裏の軟微毛を指しています。


Oxalishirta6


Oxalishirta8


Oxalishirta7

| | コメント (0)

« 2010年11月19日 | トップページ | 2010年11月23日 »