« 毛むくじゃらの豆 
Crotalaria sessiliflora
| トップページ | ライム色の葉のサルビア 
Salvia x jamensis 'Moonlight' »

2010年11月 5日 (金)

箒の花 
Pertya scandens

山の尾根道にコウヤボウキ(高野箒:Pertya scandens:キク科コウヤボウキ属)が咲いていました。

コウヤボウキは関東以西から四国、九州にかけてよく見かけますが、このあたりでは陽当たりの良いところに普通に見られます。

コウヤボウキは草のように見えますが、落葉低木だそうです。見慣れると花が咲いていなくてもコウヤボウキだと分かります。

属名のペルティアはスイスの博物学者Perty, A. M.(1800〜1884)に因んでつけられています。
また種小名のスカンデンスは「よじ登る癖のある」という意味で、茎が細く、他の植物に寄りかかっている様子を表したものです。


Pertyascandens8


Pertyascandens9


Pertyascandens10


|

« 毛むくじゃらの豆 
Crotalaria sessiliflora
| トップページ | ライム色の葉のサルビア 
Salvia x jamensis 'Moonlight' »

散歩中に出会った草花 (Take-a-walk around flowers)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毛むくじゃらの豆 
Crotalaria sessiliflora
| トップページ | ライム色の葉のサルビア 
Salvia x jamensis 'Moonlight' »