« 冬のミセバヤ 
Hylotelephium sieboldii
| トップページ | 冬の大きなガマズミの花 
Viburnum macrocephalum 'Sterile' »

2010年12月18日 (土)

冬の小さなシンバラリア 
Cymbalaria aequitriloba

春に咲くはずのシンバラリア・アエクイトリロバ(Cymbalaria aequitriloba:ゴマノハグサ科シンバラリア属)がポツポツと咲きだしました。

夏の間にシクラメン・ヘデリフォリウム「シルバーリーフ・アルバ」(Cyclamen hederifolium 'Silver leaf alba':サクラソウ科シクラメン属)の鉢に分家したシンバラリア・アエクイトリロバです。
小さなシクラメンの葉は昨年芽吹いたヘデリフォリウム「シルバーリーフ・アルバ」の子孫ですが、シルバーリーフにはなっていません。

私の所のシンバラリア・アエクイトリロバは、夏の間は息も絶え絶えだったのですが、涼しくなると糸のような細いランナーを風になびかせ引っ越してきました。

夏の傷んだ葉やカタバミの葉と比べるとその小ささが分かりますが、小さな葉をつけ、苔だと思ってしまいます。開いている葉で幅5mm、小さい葉は幅3mmもありません。
この小ささですからシクラメンの邪魔にはならずグランドカバーの役目を果たしています。

種小名のアエクイトリロバ(aequitriloba)は「同じ大きさ(aequi)の三裂片(triloba)の」という意味で、3浅裂(3〜5裂)する葉の形を示しています。


Cymbalariaaequitriloba5


Cymbalariaaequitriloba6_2

|

« 冬のミセバヤ 
Hylotelephium sieboldii
| トップページ | 冬の大きなガマズミの花 
Viburnum macrocephalum 'Sterile' »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のミセバヤ 
Hylotelephium sieboldii
| トップページ | 冬の大きなガマズミの花 
Viburnum macrocephalum 'Sterile' »