« 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月4日 »

2011年4月 3日 (日)

グリーンクリスマスローズ 
Helleborus viridis

ヘレボラス・ビリディス(Helleborus viridis:キンポウゲ科ヘレボラス属)が咲きました。

ビリディスは毎年3月後半に咲き出す遅咲き種ですが、今年はさらに遅く咲きました。

クリーン・ヘレボアー(Green hellebore)と呼ばれている植物ですが、他にもグリーンのヘレボラスがあるとはいえ、花が咲いていることに気づかせないクリスマスローズはこれだけです。遠目に見ているとカモフラージュされるぐらい、花と葉は同じ色です。

ビリディスはスペイン、フランス、イタリア、スイスなどのヨーロッパ西南部の石灰岩質のローム層地域の明るい林の中に自生しています。

以前はビリディスは、ビリディス・ビリディス(Helleborus viridis v. viridis)とビリディス・オキシデンタリス(Helleborus viridis v. occidenntalis)に分類されていました。
ビリディスはヨーロッパ西南部、オキシデンタリスは西北部に棲み分けをしていますので、今日では別種として扱われています。


Hviridis4


Hviridis5


Hviridis6


| | コメント (0)

黄色いゼラニューム 
Pelargonium zonale 'First Yellow'

黄色いゼラニューム、ペラルゴニウム・ゾナレ「ファースト・イエロー」(Pelargonium zonale 'First Yellow':フウロソウ科ペラルゴニウム属)が咲いていました。

私達がゼラニュームと呼んでいるのはペラルゴニュウムの交配種で、南アフリカ原産のペラルゴニウム・ゾナレとペラルゴニウム・インクラッサツム(Pelargonium incrassatum)が主たる親になっていると言われています。

「ファースト・イエロー」はドイツの育種家エラスネル・パク・ユングフランツェン(Elsner pac Jungpflanzen)が15年かけて作り上げたそうです。
2009年にドレスデンにあるPAC社から発売されています。

クリームイエローの八重咲きで、濃緑色の葉と釣り合っています。
ゼラニュームの花は左右対称咲きですから、八重と言っても、このように乱れた姿になります。
花が大きく開くとオレンジの雌しべが見えて、それもチャーミングです。


Pelargoniumfirstyellow1


Pelargoniumfirstyellow2


Pelargoniumfirstyellow3_2

| | コメント (0)

« 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月4日 »