« 2011年4月5日 | トップページ | 2011年4月7日 »

2011年4月 6日 (水)

山の一人静 
Chloranthus japonicus

ハイキングコースにヒトリシズカ(一人静:Chloranthus japonicus:センリョウ科センリョウ属)が咲いていました。
黒っぽい色の葉に守られるように白い花が咲いています。それを義経を偲びつつ頼朝の前で舞う静御前を思い浮かべて一人静とつけられたといわれています。

ブラシのような白い花は雄しべで、下の写真の説明のように、花弁も萼もありません。
地下茎から出てくるので、必ずその周辺にかたまって見つけることができます。

対生した2組の葉の節間が詰まっているので、4枚の葉は輪状についているように見えます。


Chloranthusjaponicus8


Chloranthusjaponicus11


白い細長いものが花糸(雄しべ)で3本一組になって根本の徳利状の子房についています。花糸の付け根にある黄色い楕円形のものが葯で、花糸3本のうち外側の2本にしか葯はついていません。葯のついていない真ん中の花糸を葯隔といい、2本の葯を隔てています。
雄しべが3本あるものはクロランツス(チャラン)属(Chloranthus)とし、1本のものをサルカンドラ(センリョウ)属(Sarcandra)とする意見もあります。

Chloranthusjaponicus10

| | コメント (0)

山のコリダリス 
Corydalis lineariloba

ヤマエンゴサク(山延胡索:Corydalis lineariloba:ケシ科 キケマン属)が咲きました。

ヤマエンゴサクは北海道以南に分布し、山の湿った林内や林縁部に自生しています。
地下に球形の塊茎を持つ多年草です。
背丈は10cmほどの、陽当たりの悪いところで育ったようなひょろひょろした印象のエンゴサクです。
上部の葉は楕円形の小葉3枚からなっていますが、個体内での変化が見られ、どの葉の形が典型的な形か分かりません。

茎の上部に、青紫色から紅紫色の長さ2cmほどの花を総状花序につけます。

種小名のリネアリロバの意味は「直線状の裂片の」で、葉柄の付け根の苞葉が切れ込んでいます。よく似ているエゾエンゴサク(Corydalis ambigua)やジロボウエンゴサク(Corydalis decumbens)と区別するポイントになります。


Corydalislineariloba3_2


Corydalislineariloba5


Corydalislineariloba4_2

| | コメント (0)

« 2011年4月5日 | トップページ | 2011年4月7日 »