« 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月11日 »

2011年4月10日 (日)

都会のコリダリス 
Corydalis incisa

散歩の途中、空いている鉢にムラサキケマン(紫華鬘:Corydalis incisa:ケシ科キケマン属 )が咲いていました。

山でなくても平地の畑などに普通に咲いていますが、町の中で自然に咲いているとすれば不思議です。

ムラサキケマンのような球根をつけないキケマン属は越冬葉を出して年を越すものが多く、ムラサキケマンも葉をつけて冬を越し、春早くに茎の先に総状花序にかたまって2cmほどの花を多数つけます。果実を稔らせ、5月ごろに熟すと果皮がめくれ上がってタネを遠くに飛ばします。
その後梅雨前に枯れてしまいます。

種小名のインシサは「鋭く裂けた」という意味です。細かく裂けた羽状の葉ですが、裂片には更に深い切れ込みがあり、それを指しているのでしょうか。


Corydalisincisa12


Corydalisincisa13

| | コメント (0)

石垣にミョウジンスミレ 
Viola mandshurica 'Myoujin'

ミョウジンスミレ(明神菫:Viola mandshurica 'Myoujin':スミレ科スミレ属)が石垣に咲いていました。

ミョウジンスミレは箱根の明神ガ岳で見つかったスミレ(Viola mandshurica、以下同様)の葉の形が違うといった程度の変異として扱われています。
ミョウジンスミレは花の中心部に白い部分が無いものをいいます。
スミレは唇弁の中(上)の方は白くなって紫色の筋が入っていますが、それが無いというより、もっと濃い、黒色に近い紫色になっています。

園芸的にミョウジンスミレと呼びますが、分類学的には些細な変異という扱いで、学名もスミレと同じです。

こういう変異はどこにでもあるののではないと思っていましたが、どこにでもあるんですね。


Vmandshurikamyoujin1


Vmandshurikamyoujin2

| | コメント (0)

« 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月11日 »