« 2011年4月12日 | トップページ | 2011年4月14日 »

2011年4月13日 (水)

アスファルトのノジスミレ 
Viola yedoensis

ノジスミレ(野路菫:Viola yedoensis:スミレ科スミレ属)がアスファルトの隙間に咲いていました。

ノジスミレは道端や野原などに生えていることが多いのですが、ノジスミレ自体この辺りで見かけることはあまりありません。
ここら辺で見かけるすみれはスミレ(Viola mandshurica)やタチツボスミレ(Viola grypoceras)がほとんどです。
ですから道端に見つけるのは非常に珍しいことです。

葉は楕円形をした披針形や長三角の披針形などで、花の色も淡紫色から紅紫色や青紫色で、色幅があります。


Vyedoensis4


Vyedoensis5


Vyedoensis6

| | コメント (0)

葉に斑の入らないブルネラ 
Brunnera macrophylla

ブルネラ・マクロフィラ (Brunnera macrophylla:ムラサキ科ブルネラ属)が咲きました。

ブルネラ・マクロフィラはロシアのコーカサス地方から西シベリアに分布しています。
マクロフィラという種小名は「大きな葉の」という意味で、その通りで根生葉は10cmを越える逆ハート型をしています。茎についている葉は楕円形で5cmほどです。

春先から茎の先や葉腋からワスレナグサと同様のサソリ形花序を出し、6〜8mmの淡青色の花を多数咲かせます。開花期は温度などの環境条件が揃えば秋まで咲き続くそうです。

属名はこの仲間の植物を採取したスイスの植物学者ブルーナー(S. Brunner:1790-1844)に因んでつけられたので、ブルンネラと読むのではなくブルネラが好ましい読み方です。


<Brunneramacrophylla1_2


Brunneramacrophylla2


Brunneramacrophylla2

| | コメント (0)

« 2011年4月12日 | トップページ | 2011年4月14日 »