« 2011年4月15日 | トップページ | 2011年4月17日 »

2011年4月16日 (土)

芝生の中のコケリンドウ 
Gentiana squarrosa

公園の芝生の中にコケリンドウ(苔竜胆:Gentiana squarrosa:リンドウ科リンドウ属)が咲き出しました。

コケリンドウは、苔のように地を這いつくばっているリンドウという意味で、この時期は背丈はまだ3cmほどで、5月になってもせいぜい5cmです。
秋に芽を吹き、寒い冬を耐え、春一番に花をつけ、梅雨の頃には枯れてしまう二年草です。

芝生の中に咲いているということから推測するに、芝生と一緒に持ち込まれたものかもしれません。
荒れ放題の草地なら、こんな低い背丈の植物ですからすぐに消えてしまうでしょうが、芝がきれいに刈り込まれ、手入れされているから毎年出合うことができるのでしょうね。

種小名のスクアロサ(squarrosa)は「表面が平坦ではない」という意味です。


Gentianasquarrosa9


Gentianasquarrosa10


Gentianasquarrosa11

| | コメント (2)

空色ムスカリ 
Muscari armeniacum 'Valerie Finnis'

ムスカリ・アルメリアカム「バレリー・フィネス」(Muscari armeniacum 'Valerie Finnis':ユリ科ムスカリ属)が咲きました。

このような淡いブルーの花をつける植物を思い出そうとしても、なにも浮かんでこないようなすばらしいブルーです。3年ほど植え替えをしていませんが、年々色が素敵になってきました。

「バレリー・フィネス」は、ムスカリの中で最も普通に目にするムスカリ・アルメリアカムの色違いの選別品種です。しかしアルメリアカムのだらしなく伸びる葉に比べると、幾分立ち上がる、それより短めの葉も好ましい特徴です。

「バレリー・フィネス」という品種名の由来についてはこちらをご覧下さい。


Muscarivaleriefinnis5


Muscarivaleriefinnis6


Muscarivaleriefinnis7


| | コメント (0)

« 2011年4月15日 | トップページ | 2011年4月17日 »