« 山のコリダリス 
Corydalis lineariloba
| トップページ | ヨークシャーからのプリムラ 
Primula allionii Wharfedale »

2011年4月 6日 (水)

山の一人静 
Chloranthus japonicus

ハイキングコースにヒトリシズカ(一人静:Chloranthus japonicus:センリョウ科センリョウ属)が咲いていました。
黒っぽい色の葉に守られるように白い花が咲いています。それを義経を偲びつつ頼朝の前で舞う静御前を思い浮かべて一人静とつけられたといわれています。

ブラシのような白い花は雄しべで、下の写真の説明のように、花弁も萼もありません。
地下茎から出てくるので、必ずその周辺にかたまって見つけることができます。

対生した2組の葉の節間が詰まっているので、4枚の葉は輪状についているように見えます。


Chloranthusjaponicus8


Chloranthusjaponicus11


白い細長いものが花糸(雄しべ)で3本一組になって根本の徳利状の子房についています。花糸の付け根にある黄色い楕円形のものが葯で、花糸3本のうち外側の2本にしか葯はついていません。葯のついていない真ん中の花糸を葯隔といい、2本の葯を隔てています。
雄しべが3本あるものはクロランツス(チャラン)属(Chloranthus)とし、1本のものをサルカンドラ(センリョウ)属(Sarcandra)とする意見もあります。

Chloranthusjaponicus10

|

« 山のコリダリス 
Corydalis lineariloba
| トップページ | ヨークシャーからのプリムラ 
Primula allionii Wharfedale »

ヤポニカシリーズ (Japonica) (90)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山のコリダリス 
Corydalis lineariloba
| トップページ | ヨークシャーからのプリムラ 
Primula allionii Wharfedale »