« ダブルデッカーのプリムラ 
Primula x polyanthus 'Hose in Hose'
| トップページ | 群生するニリンソウ 
Anemone flaccida »

2011年4月24日 (日)

学名もない木苺 
Ruburus ssp

ベニバナキイチゴ(千島紅花苺:Ruburus ssp:バラ科キイチゴ属)が咲いています。

日本の北の方、それも北海道の北の方に分布している落葉小低木です。
学名を始めとして詳細はわかりません。

チシマとついていますが、原産地が千島列島なのかも不明です。
チシマをとったベニバナイチゴ(Ruburus vernus)とは姿も形も違っています。

薄いマゼンタの、2cm にもならない花を咲かせます。
ニガイチゴ(苦苺:Rubus microphyllus)を赤くすると、同じような感じになるのでしょうか。特に花の中央部分の雄しべがかたまっているところはよく似ています。
葉の形、小葉の形は丸く、ニガイチゴも同じように丸い形をしています。
花が散った後の様子(一番下の写真)も同じです。

わからないまま育てていますが、気に入っています。


Rubusssp1


Rubusssp3


Rubusssp2


|

« ダブルデッカーのプリムラ 
Primula x polyanthus 'Hose in Hose'
| トップページ | 群生するニリンソウ 
Anemone flaccida »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

きれいな花、きれいな写真ですね。休みには、植物観察に出かけているのですが、今日はバイク三昧で、植物観察をしませんでした。ときにはいいかなぁと思いつつ、植物のいい写真を見ると、植物もしておけばよかったかなぁと感じてしまいます。

投稿: nadoyama | 2011年4月24日 (日) 21時57分

nadoyamaさん、こんにちは

バイク、いいですね。
私も「風になりたくて」40過ぎてから2輪免許を取ったのですが、乗るのがきつくなってバイクは手放してしまいました。

でも気候がいい時は本当に気持ちがいいでしょうね。
車だったら見過ごすような小さな植物を見て歩くのもいいですね。

投稿: ptech | 2011年4月25日 (月) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダブルデッカーのプリムラ 
Primula x polyanthus 'Hose in Hose'
| トップページ | 群生するニリンソウ 
Anemone flaccida »