« 2011年5月15日 | トップページ | 2011年5月17日 »

2011年5月16日 (月)

分からなかった一重庭桜 
Prunus glandulosa

4月の初めに見かけてバラ科サクラ属だということ以外、皆目分からなかった桜がわかりました。

一重のニワザクラ(庭桜:Prunus glandulosa:バラ科サクラ属)でした。
チュウゴクニワザクラ(中国庭桜)やヒトエノニワザクラ(一重庭桜)という名前を持っています。

ニワザクラは中国中部や北部原産で、ニワウメと近縁(Prunus japonica)の落葉低木です。
一重はニワウメ、八重はニワザクラと覚えていたのが大きな間違いでした。中国の原産地ではこんな華麗な一重のニワザクラが咲いているんでしょうね。


Prunusglandulosa1


Prunusglandulosa2


Prunusglandulosa3


| | コメント (0)

距無しの八重オダマキ 
Aquilegia vulgaris 'Firewheel'

アクイレギア 「ファイアーホイール」(Aquilegia vulgaris 'Firewheel' :キンポウゲ科オダマキ属)が咲きました。

オダマキの八重咲きには距あるものもありますが、ファイアーホイールは距が全くないオダマキです。

種類的にはヨーロッパ原産のセイヨウオダマキ(Aquilegia vulgaris)のステラ(星形)咲き(stellatus)、原種オダマキとして存在するかどうかは分かりませんが、いわゆるアクイレギア・ブルガリス・ステラタ(Aquilegia vulgaris v. stellata)の園芸種と考えられます。
つまり園芸種として流通しているアクイレギア・クレマチフロラ(Aquilegia x clematiflora)に含まれると理解するのが良いのではないかと思います。


Afirewheel4


Afirewheel5_2


Afirewheel6


| | コメント (0)

« 2011年5月15日 | トップページ | 2011年5月17日 »