« 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月23日 »

2011年5月22日 (日)

ギンラン見〜つけた 
Cephalanthera erecta

ギンラン (銀蘭: Cephalanthera erecta:ラン科キンラン属)を見つけました。それも10本を越えるほど。

兵庫県レッドデータランクCの絶滅危惧種で、最近は見かけなくなっていました。
それがハイキングコースのすぐ傍の明るい空き地に咲いていました。いつもは薄暗いところに咲いているので写真を撮る際、ブレたり、ピントが合わなかったり、苦労するのですが、今年は上手くとれました。

山地の林内に生え、茎の高さは10~20cmで、茎頂に長さ1cmほどの白色い花を5〜10個つけます。
唇弁の基部には短い距があります。側弁はあまり開きませんが、下2枚の写真のようにはっきりと側裂片が見えるのは珍しいと思います。

毎年この時期、探すのですが3年ほど見かけることはありませんでした。
見つけても、次に見に行くと跡形もなく盗まれていることが多かったのですが、先週見つけ、今週見に行った時にはまだ大丈夫でした。


Cephalantheraerecta4


Cephalantheraerecta3


Cephalantheraerecta5


| | コメント (2)

緑青葉のウンラン 
Linaria aeruginea

リナリア・アエルギネア(Linaria aeruginea:ゴマノハグサ科ウンラン属)が咲きました。

ウンラン(リナリア)属は北半球の温帯に150種ほどが知られています。二弁型の花は上唇が2裂、下唇は3裂し、かわいい距があります。

リナリア・アエルギネアはスペイン南西部やポルトガルに分布する多年草です。どちらかと言えば立ち上がっていき背丈は15〜30cmになります。
典型種はこのような茶色とクリーム色、黄色とクリーム色の花色のようですが、濃い紅花もあるようです。距に筋が入っているものが多いです。

種小名のアエルギネアは「緑青色の」という意味で、全縁の細長い葉はシルバーグリーンをしていて、この葉色を指しています。

米国にも帰化しているようで、ロードサイド・トードフラックス(路傍の海蘭:Roadside Toadflax)と呼ばれ、乾燥した荒れ地や河床、開拓地の道路際などに多いようです。


Linariaaeruginea1


Linariaaeruginea2


Linariaaeruginea3

| | コメント (0)

« 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月23日 »