« 2011年5月25日 | トップページ | 2011年5月27日 »

2011年5月26日 (木)

やっかいなベロニカ 
Veronica anagallis-aquatica

いつも見かけるオオカワヂシャ(大川萵苣:Veronica anagallis-aquatica:ゴマノハグサ科クワガタソウ属)が池の端に咲いていました。

オオカワヂシャはヨーロッパからアジア北部に自生している多年草で、この辺では川の水辺に沢山咲いています。川で見かけるようになったのは5年ほど前ですが、近づけなかったのブルーの小さい花としか分かりませんでした。

外来生物法による特定外来生物に指定されている帰化植物で、水のあるところに普通に見かけるようになり、その侵襲性の高さには驚かされます。

直径5mmほどの、紫の筋の入った淡紫色花を背の低いうちから多数つけていきます。
花だけ見れば、ブルーのすがすがしい花ですが、1m近くにもなる困りものです。

種小名は「ルリハコベ(Anagallis)属に似て水辺に育つ」という意味です。


Vanagallisaquatic6


Vanagallisaquatic7


Vanagallisaquatic8


| | コメント (0)

ウツギいろいろ 
Philadelphus, Deutzia, Weigela

植物は幹が中空になっているからウツギ(空木)と言うのですが、科が全く違っていても同じ「ウツギ」を名乗っています。

バイカウツギ(梅花空木:Philadelphus satsumi:ユキノシタ科バイカウツギ属)です。
樹高が2mほどになる落葉性低木で、日本の山野に自生し、昔から庭木として栽培されてきた種類です。花弁は4弁、雄しべは多数あります。葉には縦に3脈が走り、細かい鋸歯があります。

Philadelphussatsumi1



バイカウツギ「バージナル」(Philadelphus cv 'Virginal':ユキノシタ科バイカウツギ属)です。
これはいくつかの品種の交配によって生じた八重咲き品種です。

Philadelphusvirginal1



これはウツギ(空木:Deutzia crenata:アジサイ科ウツギ属)の八重咲き品種サラサウツギ(更紗空木:Deutzia crenata f. plena)です。
日本の山野に自生する樹高2mほどの落葉低木です。花の外側が紅紫色になります。

Deutziacrenataplena3



これはウツギ属の園芸品種で「マジシャン」(Deutzia cv 'Magician':アジサイ科ウツギ属)です。このように花弁の先がピンクに染まります。

Deutziamagician2



私のうちの庭に咲く斑入りオオベニタニウツギ(Weigela florida 'Florida variegata':スイカズラ科タニウツギ属)です。
中国北部、朝鮮半島、九州に分布する落葉低木です。3mを越える木になりました。花色は咲き始めが白く、日が経つにつれてピンクが入ってきます。

Weigelaflolida7

| | コメント (2)

« 2011年5月25日 | トップページ | 2011年5月27日 »