« レモン色とオレンジ色のオダマキ 
Aquilegia 'Oranges and Lemons'
| トップページ | 2種の赤花立浪草 
Scutellaria indica f. rubra »

2011年5月13日 (金)

派手オダマキ 
Aquilegia hybrida 'Songbird Goldfinch'

アクイレギア「ソングバード・ゴールドフィンチ」(Aquilegia hybrida 'Songbird Goldfinch':キンポウゲ科オダマキ属)が咲きました。

ソングバード・ゴールドフィンチは花の大きさは6cmほどで、距の長いタイプです。蕾が開きかけの頃、外側が薄いピンクに染まります。中側は花びらも蘂も黄色一色で、横向きに咲きます。
そのうち雄しべが成熟するにつれ、上向きに向きを変え、受け咲きになります。
他のオダマキは萼が目立ちますが、ソングバード・ゴールドフィンチは花弁が大きく開くので、それが花弁のように見えます。

ソングバード・ゴールドフィンチはアクイレギア・カエルレア(Aquilegia caerulea)の園芸種です。
カエルレアは「青色の」という意味で、ブルーの花を咲かせます。しかしこの花から作られた園芸種は、白や赤、黄色などさまざまの色の花を咲かせます。

このソングバード・ゴールドフィンチなどはもっとも派手な品種だと思います。大きくて目立つのにもかかわらず流通していないのは、日本人好みではないのでしょうかね。


Asongbirdgoldfinch4


Asongbirdgoldfinch5_2


Asongbirdgoldfinch6


|

« レモン色とオレンジ色のオダマキ 
Aquilegia 'Oranges and Lemons'
| トップページ | 2種の赤花立浪草 
Scutellaria indica f. rubra »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レモン色とオレンジ色のオダマキ 
Aquilegia 'Oranges and Lemons'
| トップページ | 2種の赤花立浪草 
Scutellaria indica f. rubra »