« シキミの花 
Illicium anisatum
| トップページ | ペルシャのライラック 
Syriga x persica »

2011年5月20日 (金)

ケンタウロスの青い花 
Centaurea montana

ご近所にケンタウレア・モンタナ(Centaurea montana:キク科ケンタウレア属)が咲いていました。

ケンタウレア属は草本で、主に旧大陸の温帯に500〜600種類あるだろうと言われています。シロタエギク(Centaurea cineraria)やヤグルマギク(Centaurea cyanus)がこの仲間です。

ケンタウレア・モンタナは「山の、山地に生える」という種小名から推測できるようにヨーロッパ南部から中央アジア、つまりユーゴスラビアからコーカサスの低山から亜高山地帯の草原や明るい林の中に自生しています。

背丈が30~60cm宿根草で茎の先端に径5~7cmセンチの青紫色の頭花を1つつけます。中心部の筒状花を取り囲む2cmほどの舌状花は先が4・5裂します。
広披針形で鱗状につく総苞片の縁には鋸歯があります。葉には鋸歯がなく(前縁)、長楕円状披針形で互生しています。

属名のケンタウレアはギリシア神話の半人半馬のケンタウロス族の賢者ケイローンに由来します。ケイローンは薬草を栽培して病人を助け、この植物を薬として使っていたという伝説からきています。
英名はヤマヤグルマギク(Mountain Cornflower)です。


Centaureamontana1


Centaureamontana2


Centaureamontana4

|

« シキミの花 
Illicium anisatum
| トップページ | ペルシャのライラック 
Syriga x persica »

散歩中に出会った草花 (Take-a-walk around flowers)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シキミの花 
Illicium anisatum
| トップページ | ペルシャのライラック 
Syriga x persica »