« 青いハイビスカス 
Alyogyne huegelii
| トップページ | とても小さなアネモネ 
Anemone obtusiloba »

2011年5月 7日 (土)

ヒマラヤ産のヤマキケマン 
Corydalis ophiocarpa

コリダリス・オフィオカルパ(Corydalis ophiocarpa:ケシ科コリダリス属)が咲き乱れていています。

ヒマラヤ東部、チベットから四川省、雲南省までの1000m〜2500mの渓谷や森林、草原に自生する2年草です。

本州、四国の森林や林縁に自生するヤマキケマン(以前の学名はCorydalis japonica あるいは Corydalis makinoana)と同じとされています。

種小名のオフィオカルパは「ヘビの莢」という意味で、その莢は一番下の写真のように緑の蛇のようにくねくねになります。これはヒマラヤ産にも日本産にも見られる特徴で、それ故この学名になっているのでしょう。

しかし私の育てているヒマラヤ産のコリダリス・オフィオカルパは冬から春先にかけて薄い小豆色になり、ヤマキケマンとは明らかに葉色が違います。
日本とヒマラヤでは葉色に差があるのかもしれませんが、ヒマラヤ産の方が遙かに趣があります。

花の時期にはシダのような繊細な葉は灰色がかった緑色をしています。日本産のような明るい緑色にはなりません。
そして花茎から旗が風になびくように長さ1cmほどの小さなクリーム色から硫黄色の花をつけます。

花弁の先についている小豆色の模様や上弁の上についている黄緑の模様がアクセントになっています。

いろいろ見応えのある植物です。


Corydalisophiocarpa7


Corydalisophiocarpa9


Corydalisophiocarpa11


Corydalisophiocarpa7

|

« 青いハイビスカス 
Alyogyne huegelii
| トップページ | とても小さなアネモネ 
Anemone obtusiloba »

コリダリス(Corydalis)(60)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青いハイビスカス 
Alyogyne huegelii
| トップページ | とても小さなアネモネ 
Anemone obtusiloba »