« アフガン・オダマキ 
Aquilegia karelinii
| トップページ | チュチュ咲のオダマキ 
Aquilegia vulgaris 'Strawberry Ice-Cream' »

2011年5月10日 (火)

ピンクと青の八重フウリン 
Aquiregia ecalcarata f.plena

昨日の八重のフウリンオダマキに続いて、こんなにタイプの違う八重のフウリンオダマキ(Aquiregia ecalcarata f.plena:キンポウゲ科オダマキ属)も咲いています。

昨日のブログで、園芸種のフウリンオダマキは幾種類かのアクイレギアの交配によって生まれたと推測されると書きました。

その根拠になっているのが一番上のピンクの八重のフウリンです。短い距が沢山あります。桃花フウリンオダマキというラベルがあるものの中に距があるものがあったので、わざわざそれを購入しました。
昨日のフウリンオダマキにピンクのルリオダマキをかければできるのではないかと思ったりします。作った方の苦労など忘れて勝手なことを妄想しています。

またその下の青花フウリンオダマキというラベルがついていたものは立派な八重のフウリンオダマキですが、時々1番下の写真のように距が飛び出したりしていました。
このフウリンオダマキなどは、フウリンオダマキとクレマチス咲きの八重オダマキを交配したのではないかと邪推しています。萼の重なり具合がよく似ています。

以前ピンクの全く距がないこんなオダマキが出回っていました。
このページのピンクのフウリンや昨日の白いフウリンと花弁が全く同じ質感です。


Aecalcaratap7


Aecalcaratap3


Aecalcaratap4


Aecalcaratap6

|

« アフガン・オダマキ 
Aquilegia karelinii
| トップページ | チュチュ咲のオダマキ 
Aquilegia vulgaris 'Strawberry Ice-Cream' »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

ptechさん

こんばんは!

わあ、貴重な写真の掲載どうもありがとうございます!! 本当にこの写真を見る限り、正にと言う感じですよね。(笑)

そして青花風鈴オダマキ、クレマチス咲きのお花との交配かな・・・と言うのも、お写真をみると頷けます。 お花の大きさや葉などはどんな感じでしょうか?

投稿: ペッパママ | 2011年5月11日 (水) 15時47分

ペッパママさん、こんばんは

一言でフウリンと言いますが、距が無くて、俯いて咲くという意味ですからフウリン咲きと呼んだ方がいいんでしょうね。

花の大きさはどれも小さいですよ。2cmから2.5cmほどでしょうか。

葉は一昨日のフウリンのようにオダマキのような厚味のあるものや、この2種のフウリンのようにカナデンシス風の薄い葉もあります。いずれも小さめの葉です。

本当のAquiregia ecalcarataを知らないので、どんなものか見てみたいと思っています。

投稿: ptech | 2011年5月11日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフガン・オダマキ 
Aquilegia karelinii
| トップページ | チュチュ咲のオダマキ 
Aquilegia vulgaris 'Strawberry Ice-Cream' »