« アルプスオダマキ 
Aquilegia alpina
| トップページ | アフガン・オダマキ 
Aquilegia karelinii »

2011年5月 9日 (月)

八重の風鈴オダマキ 
Aquilegia ecalcarata f. alba-plena

八重のフウリンオダマキ(Aquiregia ecalcarata f. alba-plena:キンポウゲ科オダマキ属)が咲いています。

フウリンオダマキは中国中央部、チベットの3000m級の山地の開けた森などに自生しているといわれています。
しかしネットで検索してみても自生状態の写真は見つかりません。原種は赤紫色や濃紫でチベットの一地方、甘粛省甘南チベット族自治州の夏河県に存在すると言われています。

多分私たちが目にするものは園芸種としてイギリスで改良されたもので、そのためか園芸種の風鈴オダマキには、アクイレギア・エカルカラタではなく、セミアクイレギア・シムラトリクス(Semiaquilegia simulatrix)という学名がつけられています。
園芸種のフウリンオダマキは幾種類かのアクイレギアの交配によって生まれたと推測されます。というのは一個体の中に距が出たり、距のあるフウリンオダマキを見かけるからです。

フウリンオダマキは出回っている割には、夏越し難しさや種子の稔りにくさ、発芽しにくさなど、気むずかしいオダマキです。

背丈は花が咲きだした頃は10cm、今は花茎が伸びましたが、それでも15cmほどです。
花の大きさはフウリンオダマキですからたかだかしれていますが、1.5cmほどです。蕾の時からふっくらしていて八重咲きと分かります。

開き初めはグリーンがかったクリーム色で魅力的です。


Aecalcarataw7_2


Aecalcarataw5


Aecalcarataw6

|

« アルプスオダマキ 
Aquilegia alpina
| トップページ | アフガン・オダマキ 
Aquilegia karelinii »

オダマキ (Aquilegia) (131)」カテゴリの記事

コメント

ptechさん

こんにちは!

こちらもまた素敵なお花ですね!

私も以前から、日本で売られている数々の風鈴オダマキの色違いのお花たち、一体何者なのかなあ・・・と不思議に思っていました。

白風鈴オダマキとか、乙女風鈴オダマキなど、風鈴オダマキと同じ形で、色あいだけ違うものは、風鈴オダマキからの選抜種かな・・・と憶測していたのですが、某園芸サイトで「二色風鈴オダマキは風鈴オダマキとミヤマオダマキの園芸交配種」とか書かれたあったのを見て、アクイレギアの血を入れても、風鈴オダマキの風貌をそのままにして、色あいだけを変えることが出来るのだなあ・・・とびっくりした記憶があります。 

八重の風鈴オダマキも、かわいらしくて良いですね! 我が家では今乙女風鈴オダマキが咲き始めています。

投稿: ペッパママ | 2011年5月10日 (火) 06時12分

ペッパママさん、おはようございます

ペッパママさんのブログ、拝見いたしましたが、地植えの草花、いいですねー。自然の中でのびのび育っていますね
植物だけではなく、写真もきれいですね。やっぱりカメラですか。

日本は育種家が大事にされていないせいか、誰が作ったかという花のヒストリーがはっきりしません。
そのため交配親が分からずにいます。

そのうえ園芸業者が商売気を出して、外国産の植物の学名をかくし、日本産の植物に似た名前で売っています。名前にこだわらない園芸愛好家も悪いのでしょうが。

このような事情があるのでフウリンオダマキといっても、いろいろなフウリンオダマキがあって、いろいろなオダマキの交配して作られているのだと思います。

乙女風鈴オダマキ、かわいくっていいですね。あのピンクを見ていると気持ちがウキウキしてきます。

投稿: ptech | 2011年5月10日 (火) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルプスオダマキ 
Aquilegia alpina
| トップページ | アフガン・オダマキ 
Aquilegia karelinii »