« 2011年6月13日 | トップページ | 2011年6月15日 »

2011年6月14日 (火)

ゴキブリ・モーズイカ 
Verbascum blattaria f. albiflora

エサシソウ(江差草:Verbascum blattaria f. albiflora:ゴマノハグサ科モウズイカ属)が咲きました。

基本種のベルバスクム(バーバスカム、ウエルバスクム)・ブラッタリアはヨーロッパ、ユーラシア、北アフリカに分布する2年草で、基本種は黄色い花を咲かせます。
白花を咲かせる Verbascum blattaria f. albiflora(「白花の」)や、ピンクがかった花を咲かせる Verbascum blattaria f. erubescens(意味は「紅色を呈する」)などの変種があります。

エサシソウは明治時代に渡来したといわれており、最初に帰化が確認された場所の北海道江差地方を冠した名がつけられています。

草丈は1mほどで、花茎は細い割には丈夫で、風で倒れることはありません。花茎の下部で枝分かれして数本の花茎を立てます。
また花の表面以外、全草に腺毛が生えています。蕾から想像できるように花の裏側にも腺毛があります。

1本の植物が無数の種子が入った果実を1000個も稔らせるといわれていて、それ故すごい繁殖力を持っており、全地に広がった米国では有害植物に指定している州もあります。

雄しべが蛾の触角に似ているので、英名は moth mullein(モス・マラン、蛾のモウズイカ)と呼ばれています。
種小名は「ゴキブリ(blatta)の」という意味で、古くからこの植物はゴキブリを寄せ付けないことが知られています。


Verbascumblattaria4


Verbascumblattaria4_2


Verbascumblattaria5

| | コメント (0)

« 2011年6月13日 | トップページ | 2011年6月15日 »